【真の働き方改革】在宅勤務中のサボりをバレないようにするための4つの方法

DJやん
DJやん

今日は在宅勤務中にサボっているのをバレないようにするコツを伝授します。

サボりがバレる要因

最初に、主にサボりがバレる要因をお伝えします。

Skype for business で離席中が長い

Skype for businessは同じネットワーク内に所属している人であれば、誰がパソコンを何分間触っていないかわかるようになっています。
ほとんど全ての人は他人の離席時間など気にしていないのですが、ごく一部暇なおじさん達がチェックしています。そういう人に限って上司にちくったりします。

windowsのスリープ中の時間をチェックされている

会社によっては、スリープの時間をチェックされているようです。
ただ、このような事実は従業員には知らされないことが通常です。

メール送信数や日報等仕事をした実績が明らかに少ない

これは単純です。
普段であればたくさんメールを送っている人が在宅勤務になった瞬間メールゼロ、日報もほとんど内容がなければそりゃバレます。笑

サボりがバレない方法4選

ここからは具体的に私がサボりをバレないためにやっている姑息な手段をお伝えします。

Skypeを常に起動させておく。

仕事でSkypeを使ってる人ならわかると思いますが、

在籍中なら緑、取り込み中なら赤、離席中なら黄色、ログアウト中なら色なし。

で表示されます。

黄色の時は何分離席をしてるのかがバッチリ表示されるので、離席時間が長いと上司から「コイツサボってるな?」と怪しまれます。

なので、常に表示を緑にしておくことで、ずっとパソコンをいじっている感を出すことが可能です。

設定方法はググってください。笑

これでずっと仕事してる感を出しちゃいましょう!

Windowsがスリープモードにならないようにする

これはSkypeと似ていますが、スリープモードになった時間をチェックできるような仕組みを導入している会社もあるらしいので、スリープモードにならないようにwindowsの設定をいじっておきましょう。

ここでもずっと仕事してる感を出します。

設定方法はググってください。笑

あえて朝早くにメールする

これは、パソコンのログで勤務時間を管理されていない人限定です。

9時業務開始であれば、あえて7時半くらいに上司をCCに入れてメールを打っておきます。

そうすれば、上司に早朝から仕事やっていると見せかけることが可能です。

ただし、7時半からずっと仕事をしていても意味がないので、1本メール打ったらもう2度寝か筋トレかランニングでもしておいてください。

この時も上でお伝えしたSkypeを在籍中(緑)にしておいて仕事をしていると見せかけてください。

そして、このメールを打っておくことにより、仮に夕方に2時間くらい寝てしまい、その間上司からの電話に出られなかった等でサボりを疑われてしまった際に、「朝7時半から仕事してたので少しだけ休んでいました。」とごまかすことができます。

昼休みにもメールする

昼休みにあえて上司をCCに入れてお客さんにメールをすることで、昼休みが取れないほど忙しい感を出しましょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

私はこれらを実践することにより、やるべきことはしっかりやりつつ適度にバレずにサボることに成功しています。(たぶん)

みんなで楽しいおサボり在宅勤務生活を送りましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました